光回線に乗り換える注意点

やさしい光回線情報

光回線は早さも特徴ですが安定性があることから、光回線に乗り換える人も増えています。乗り換え時の注意点を知っておきましょう。

やさしい光回線情報main画像

光回線に乗り換える注意点

光回線は早くて安定性にも優れている事から、対応する地域も増えています。

東日本エリアなら、NTT東日本が提供するフレッツ光が広範囲で対応可能となっているので、プロバイダの選択肢も多くなります。

光回線にもいくつか種類があります。
フレッツ光以外の光回線の場合は、対応する地域も限られてしまいます。
プロバイダも限られるため選択肢は減ってしまいます。

光回線ならなんでも同じというわけではないので、乗り換え前には自分の住んでいる地域に対応している光回線を探しましょう。
オススメ光回線:SoftBank 光(光回線)をはじめよう | インターネット | ソフトバンク

今まで利用していたプロバイダをそのまま引き継ぎたい場合、プロバイダが対応している光回線かどうかも確認が必要です。

光回線の導入に伴いプロバイダを変えるという事もできますが、仕事などでプロバイダのメールアドレスを使っている人は、メールアドレスも変わってしまいます。

メールアドレスが変わっても問題ないなら、プロバイダを変えるのもいいかもしれません。

プロバイダの変更は一旦解約となりますので、ポイントも全て無効となります。
商品と交換などのプロバイダ固有のポイントサービスの利用もできなくなります。
解約前に使い切るなどしておきましょう。

光回線と住んでいる地域や環境によって、工事しなくてもすぐに回線が使える事もあれば、工事をしないと回線が使えない事もあります。

工事に意外と時間が掛かりると不便な事もあるので注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトコンテンツ

メールフォーム

あなたの声をお聞かせください!

お名前

性別

年齢

メールアドレス

内容